赤紫蘇2.

赤紫蘇とは.....

akaxiso2.0-beta2


赤紫蘇は以下に示す機能、特徴をもったXMLのためのC++ライブラリです。

1.XMLスキーマで定義されるXML文書のシリアライズ、デシリアライズを行います

  • XMLスキーマとしては、Part 1 Schema Structuresで指定される構造の大部分をサポートします。
  • 現在の実装状況については、赤紫蘇の機能をご参照ください。

2.C++用のライブラリです

  • C++で書かれたクラスのシリアライズ、デシリアライズを行います。
  • C++クラスのシリアライズ情報は、別個のクラスに定義されるため、自由な型定義が行えます。
  • デシリアライザは妥当性検証機能を持ちます。パースされたXML文書は、C++のクラスにデシリアライズされた時点で、妥当性検証済みとなります。
  • 文字列、コンテナ(配列含む)には、STL(Standard Template Library)を使用します。コンテナに関しては、STLのコンテナと同様のインターフェースを持っていれば、使用可能です。

3.ポータブルです。

  • Linux(g++-2.96、g++-3.2.2、g++-3.4.0)、Windows(VC6、BCB6)でコンパイル、実行できます。
  • XMLパーサには、expat、文字コード変換エンジンとしてバベルを同梱。赤紫蘇ライブラリのみで、シリアライザとしての機能を実現します。
  • Apache XML Project のXMLパーサ ’Xerces-C++’を使うこともできます。
  • SAXインターフェースが存在するパーサであれば、デシリアライザエンジンとの間のアダプタを書くことで、新規に対応させることができます。

4.スキーマコンパイラ(C++ソースジェネレータ) ’忍坂’を同梱します。

  • XML-Schema文書をコンパイルし、シリアライザ、デシリアライザのC++ソースを生成することができます。

5.オープンソース、フリーウエアです。

  • 赤紫蘇と同類のライブラリで、フリーでオープンソースであるものは、非常に少ないように感じています。
    この穴を埋めることができたらいいなと考えています。


ホームに戻る 赤紫蘇2プロジェクトページへ