赤紫蘇2.リファレンス

はじめに

akaxiso2.0-beta2


赤紫蘇2は、XMLによるC++のためのオブジェクト永続化ライブラリです。

以下、リファレンスの構成を示します。

1. 概要 赤紫蘇2の使い方、考え方について、簡単に紹介します。
2. ライブラリAPI プログラム中で使用されるライブラリの関数、クラスについて、説明しています。
3. 名前空間とQName 名前空間の扱いとQName(修飾名)について説明します。
4.単純型 単純型の定義、赤紫蘇2ですでに定義されている単純型と特殊な値クラスについて、説明します。
5. 組み込み型
 
6. 配列 可変個数の要素を定義する際の、配列(出現頻度0〜上限無し)、ポインタ(出現頻度0 or 1)の使用法について説明します。
7. ポインタ
 
8. データモデル 赤紫蘇のデータモデルをXML-Schemaのデータモデルと比較しながら、説明します。
 
9. aka:sequence
9.1 メンバ定義(単純型) aka:sequenceの定義方法について説明します。
9.2 メンバ定義(複雑型)
9.3 出現頻度定義
 
10. aka:all aka:allの定義方法について説明します。
 
11 aka:choice aka:choiceの定義方法について説明します。
11.1 要素の定義
11.2 固定値の定義
11.3 binderクラス
11.4 itemの扱い
11.5 出現頻度定義
 
12 aka:simplecontent aka:simplecontentの定義方法について説明します。
 
13 属性 属性値の定義について説明します。
 
14. シリアライズ シリアライズの方法について説明します。
15. デシリアライズ デシリアライザの方法について説明します。
16 XMLスキーマ
機能対応表
赤紫蘇データモデルとXMLスキーマのデータモデルとの機能対応表です。


リファレンストップへ 赤紫蘇2トップへ sourceforgeプロジェクトページへ