赤紫蘇2.

リンク

akaxiso2.0-beta2


・XMLパーサ expat

巨匠James Clark氏によるXMLパーサの決定版です。
SAX、SAX2パーサが実装されています。

MozillaやXFree86にはじまり、いろんな場所で、お見かけいたしやす。

・XMLパーサ Xerces-C++  

The Apache XML Projectにより開発されているオープンソースXMLパーサです。C++で実装されています。赤紫蘇で使用します。

・International Component for Unicode (ICU)

IBM alphaWorksより公開されている文字コード変換ライブラリです。
このライブラリ、オリジナルの名前が、IBM Classes for Unicode。どっちにせよ、ICUです。
Xerces-C++と組み合わせて用いることで、XML文書の文字コード変換を行ってくれます。

・XML for C++ (XML4C)

これも、IBM alphaWorksより公開されているライブラリです。文字コード変換ライブラリです。
Xerces-C++とICUとをはじめに組み合わせちゃってます。

・河童 

赤紫蘇原産地です。
日本C++界の巨魁επιστημηさんが'、龍神様'(河童だもんね)となって、辣腕を発揮されています。
私、植物シリーズ担当です。(胡瓜とか、赤紫蘇とか。畑で作れるものだったら....なーんちて。)

・世界樹(Yggdrasill)

XMLパーサ、世界樹は、河童でご一緒させていただいている道化師さんの作。
赤紫蘇2.0beta0まで、便利に使わせていただいておりした。m(_ _)m
ホントはSOXもつかえるのです。

・バベル

世界樹と同様、道化師さんの作。
便利に使わせていただいております。m(_ _)m

・ XMLBind

奥さんが書かれたオープンソースのXMLシリアライザ、デシリアライザです。
赤紫蘇は、このライブラリの考え方を大きくいただいています。
赤紫蘇は、値を持つクラスとシリアライズ情報を持つクラスが、独立に定義されていますが、そもそもは、このXMLBindの手法に由来します。


ホームに戻る 赤紫蘇2プロジェクトページへ