赤紫蘇2.

赤紫蘇2のサンプルを試す

akaxiso2.0-beta2


以下のサンプルプログラムが用意されています。

accessor サンプル
アクセッサを持つクラスの(デ)シリアライズサンプルです。
all_test サンプル
<xs:all>の実装サンプルです。
basketサンプル
<xs:choice>の実装サンプルです。
deserializerサンプル
all_test、basket、model_array、project、projectmapのすべてに対応したデシリアライザサンプルです。
model_arrayサンプル
パーティクル内の配列(モデル参照)をシリアライズ、デシリアライズするサンプルです。
projectサンプル
<xs:sequence>の実装サンプルです。
projectmapサンプル
<xs:sequence>をC++コンテナstd::map<>で実装したサンプルです。

Windowsの場合、上記のプログラム群は、akaxiso2\bin に作成されます。(正確には、akaxiso2ディレクトリは、それぞれのバージョン名を含んでいます。例.akaxiso2.0beta1など)
Linuxの場合、akaxiso_samplesディレクトリに、all_test、basket、deserializer、model_array、deserializer、project、projectmapサンプルが作成されます。

Linuxでビルドを行う場合には、akaxiso2/akaxiso2_samplesディレクトリに移動し、

$ make check

を実行してください。

サンプルの実行形式

サンプルプログラム、accessor、all_test、basket、model_array、projectは、以下の形式で実行できます。

<プログラム名> [-s|-d]

オプション

-s : XML文書へのシリアライズを行い、標準出力へと出力する。
-d : XML文書を標準入力から読み込み、パース(デシリアライズ)する。

サンプルプログラム、projectmapは、二つの形式のXML文書を生成します。そのため、実行形式は、以下の通りとなります。

projectmap [-s1 | -s2 |-d]

-s1、-s2 : XML文書を標準出力に書き込みます。
 それぞれの文書が含む情報は等価ですが、XMLの内容モデルへの割り当て方が違います。
-d : XML文書を標準入力より読み込み、パース(デシリアライズ)します。

サンプルプログラム、parseは、上記のサンプルプログラムが生成するXML文書をパース(デシリアライズ)し、再度、シリアライズするプログラムです。

サンプルの実行

Windowsであれば、akaxiso2\binにて以下の操作を行ってください。

XML文書のシリアライズ例

akaxiso2\bin> basket -s

XML文書のパース(デシリアライズ)例

akaxiso2\bin> basket -s | basket -d

Linuxであれば、akaxiso2/akaxiso2_samplesにて、以下の操作を行ってください。

XML文書のシリアライズ例

 $ ./basket -s

XML文書のパース(デシリアライズ)例

 $ ./basket -s | ./basket -d


ホームに戻る 赤紫蘇2プロジェクトページへ