赤紫蘇2 リファレンス

aka:choice mocクラス

akaxiso2.0-beta3


赤紫蘇2リファレンス

1.概要
1.1 赤紫蘇2の構成
1.2 プログラムの
開始から終了まで
1.3 文字コードと
文字コード変換エンジン
1.4 名前空間とQName
1.5 マルチスレッディング

2. 赤紫蘇2データモデル
2.1 チュートリアル
2.2 パーティクル
2.3 aka:sequence
2.3.1 単純型の子要素
2.3.2 複合型の子要素
2.3.1 配列型
2.4 aka::all
2.5 aka:choice
2.5.1 複雑型の子要素
2.5.2 単純型の子要素
2.5.3 バインダクラス
2.5.4 子要素オブジェクト
(aka::item)の扱い
2.5.5 子要素の出現頻度
2.6 属性
2.7 aka:simpleContent
2.8 単純型(aka:simleType)
2.8.1

組み込み型

2.9

配列とポインタ

2.,10 ワイルドカード

3 XMLによる永続化
3.1 シリアライズ
3.2 デシリアライズ

付表
A ライブラリ主要API
B XML Schemaとの
機能対応表
C リリースノート

aka:choiceは、それ自身の出現頻度を定義することができます。また、この出現頻度は、aka:choiceがXMLドキュメントのルート要素となるときにのみ、使用されます。

定義するためには、model()メソッド中で、occurrence()を使用してください。

struct sample_choice_leaf : aka::choice<sample_choice_leaf, sample_choice> {
  void model() {
    /* ルートとなる場合、aka:choiceの子要素の出現頻度を[0, unbounded]とする。 */
    occurrence(0, aka::unbounded);
    .... 他itemの定義。
  }
};


赤紫蘇2トップへ sourceforgeプロジェクトページへ