赤紫蘇2 リファレンス

aka:choice itemの扱い

akaxiso2.0-beta3


赤紫蘇2リファレンス

1.概要
1.1 赤紫蘇2の構成
1.2 プログラムの
開始から終了まで
1.3 文字コードと
文字コード変換エンジン
1.4 名前空間とQName
1.5 マルチスレッディング

2. 赤紫蘇2データモデル
2.1 チュートリアル
2.2 パーティクル
2.3 aka:sequence
2.3.1 単純型の子要素
2.3.2 複合型の子要素
2.3.1 配列型
2.4 aka::all
2.5 aka:choice
2.5.1 複雑型の子要素
2.5.2 単純型の子要素
2.5.3 バインダクラス
2.5.4 子要素オブジェクト
(aka::item)の扱い
2.5.5 子要素の出現頻度
2.6 属性
2.7 aka:simpleContent
2.8 単純型(aka:simleType)
2.8.1

組み込み型

2.9

配列とポインタ

2.,10 ワイルドカード

3 XMLによる永続化
3.1 シリアライズ
3.2 デシリアライズ

付表
A ライブラリ主要API
B XML Schemaとの
機能対応表
C リリースノート

aka:choiceにおいて、コンテナの要素の実体は、常に、aka::itemクラスのインスタンスですaka::itemは、要素名と値オブジェクトを格納しています。

本節では、aka::itemに対して、タグ名を確認し、実際の値オブジェクトの取得を行う手順について説明します。

aka::itemの操作関数として、aka::item_of()関数と、aka::item_cast<>()関数が、定義されています。それぞれの宣言を以下に示します。

bool aka::item_of(const aka::item &item, const std::string &tagname);

template<class I>
I& item_cast(aka::item item);

template<class I>
const I& item_cast(const aka::item &item);

使用例を以下にあげます。

// aka:choiceクラスの定義
typedef std::list<aka::item> items;
struct items_leaf : aka::sequential_choice<items, items_leaf> {
 void model() { 
    item("item1", xiso::leaf<std::string>); 
  } 
};

//使用例
void func_foo() {
  .....
  // <item1>である要素の値(std::string型)を出力
  const aka::item &item = container.front();
  if (aka::item_of(item, "item1")) {
    const std::string &value = aka::item_cast<std::string>(item);    
    std::cout << "Value of <item1> is " << value << "." << std::endl;
  }
 .....
}

aka::item_of()関数で、タグ名を確認し、aka::item_cast<>()関数で、aka::itemから、std::stringのインスタンスへの参照を取得しています。


赤紫蘇2トップへ sourceforgeプロジェクトページへ