赤紫蘇2 リファレンス

概要

akaxiso2.0-beta3


赤紫蘇2リファレンス

1.概要
1.1 赤紫蘇2の構成
1.2 プログラムの
開始から終了まで
1.3 文字コードと
文字コード変換エンジン
1.4 名前空間とQName
1.5 マルチスレッディング

2. 赤紫蘇2データモデル
2.1 チュートリアル
2.2 パーティクル
2.3 aka:sequence
2.3.1 単純型の子要素
2.3.2 複合型の子要素
2.3.1 配列型
2.4 aka::all
2.5 aka:choice
2.5.1 複雑型の子要素
2.5.2 単純型の子要素
2.5.3 バインダクラス
2.5.4 子要素オブジェクト
(aka::item)の扱い
2.5.5 子要素の出現頻度
2.6 属性
2.7 aka:simpleContent
2.8 単純型(aka:simleType)
2.8.1

組み込み型

2.9

配列とポインタ

2.,10 ワイルドカード

3 XMLによる永続化
3.1 シリアライズ
3.2 デシリアライズ

付表
A ライブラリ主要API
B XML Schemaとの
機能対応表
C リリースノート

赤紫蘇2は、C++のクラスをXML形式に、シリアライズ、デシリアライズするためのライブラリです。

ライブラリは、Linux(POSIX)環境、Win32環境で動作します。
実装は、標準C++(含むSTL)で実装されています。また、内部にC言語によるXMLパーサ(expat)を含んでいるため、標準Cと標準C++が動作する環境であれば、そのまま使用することが可能です。

シリアライザブルな値クラスは、ユーザにより定義され、XMLスキーマで表現されるデータ構造を表現することができます。パッケージに同梱されるスキーマコンパイラ(忍坂)を用いることにより、シリアライザブルな値クラスの生成も可能です。
値クラスは、STLコンテナ、もしくは、通常のC++クラス、つまり、標準C++の環境のみを用いて定義されるため、自由な定義が可能です。また、XML文書形式は、シリアライズされる文書の形式を定義しますが、独立したクラスとして定義されるため、値クラス定義に対して、ほとんど制約を与えることがありません。

赤紫蘇2ライブラリ本体は、シリアライザブルな値クラスと、XML型情報クラスの二つのクラスを結び合わせ、値クラスのメンバ、子要素へのアクセスとタグ名の関連付けを行い、XML形式への変換、逆変換を行うための実装が収められています。このライブラリをリンクするだけで、XML文書とC++クラスの間の相互変換を、容易に行うことが可能です。

本リファレンスでは、XMLとC++クラスの相互変換を行う赤紫蘇2ライブラリの考え方、使い方について、説明します。

第1章 概要

  • 赤紫蘇2の構造や、赤紫蘇2に表れる基本的な考え方について説明します。

第2章 赤紫蘇2データモデル

  • 赤紫蘇2は、XMLスキーマに準じた固有のデータモデルを持っています。
    その要素、定義の方法について、説明します。

第3章 XMLによる永続化

  • シリアライズ、デシリアライズの手順について、説明します。


赤紫蘇2トップへ sourceforgeプロジェクトページへ